我が家のこづかいを考える

簡単なことから始めます

東京二人暮らし引越し費用まとめ。火災保険とかキャッシュバックとか

f:id:kanngaenakunarumade:20180724185138j:plain

半年以上前ですが、引越したときにかかった費用を記録しておきます。

まずはいくらかかったか、どん!

 

支出 計134,060円

 引越業者運搬料 27,000円(閑散期月末土曜日、時間指定なし)

 仲介手数料 39,960円(0.5か月+税)

 火災保険① 18,500円(2年分)

 火災保険② 4,200円(1年分 ※2年目以降3,200円)

  新居クリーニング代 32,400円

 家賃保証登録料 12,000円

 

収入 計135,592円

 キャッシュバック 50,000円(賃貸スモッカ)

 ポイントサイト  1,000円(ハピタス)

 クレカポイント (運搬料27,000円+クリーニング32,400円+家賃保証12,000円)

          ×1%=714円

 火災保険①返戻金 13,758円

 引越前の家 敷金 67,000円

 引越前の家 火災保険返戻金 3,120円

 

差引合計 収入135,592円+支出134,060円=1,532円

 

その他 104,248円

 他の物件探し時の交通費など 10,000円

 日割家賃 15,708円

 前家賃 78,540円

 

距離としては同じ区内なので2キロぐらい離れたところに引越し

平米数はほぼ変わらず。荷物の量は一人暮らしの多いくらいか二人暮らしの少ないぐらい。我が家はこのとき2人暮らしです。

 1,532円とほんのちょっとですが引越しをしたのにプラスになりました。新居を見つけるまでの時間や交通費を考慮するとやっぱりマイナスなのですがそれでも過去2回の引っ越しの時よりはかなり安くすることができました。

 

自分なりの反省点

支出編

・引越業者運搬料 27,000円

たぶん通常よりは安いところにお願いできました。が、安い分あんまり清潔な感じではなかったので次回は小奇麗なところを選びたいです。実際見に来て見積もりもらったとこは40,000円って言われて「他でもこれぐらいだよ」なんて言われましたが、探せばありますね。引越しサイトで見積もりを取ると、何社か概算でこれぐらいですよーという金額でメール連絡くれるのですが一番安かったところに電話したら、電話口で散々待たされた挙句その日は予約でいっぱいだと言われて断られました。何がしたかったのか…

さて、業者の方と話す中で気づいたのですが

①月末土日以外に頼む(月初~中旬の土日か、平日)

②予約を一月半以上前に取る(交渉的にこちらが強く出れる)

をすればもっと安くできたので次回は意識していきます。

 

仲介手数料 0.5か月

自分の場合は住みたい家が決まっていたので、その物件を検索すると仲介業者が色々出てきます。その中から仲介手数料が一番低いところを選びました。たぶん仲介手数料無料のところもあったと思うのですが後述する5万円のキャッシュバックサイトから申し込める中では0.5か月が最安でした。家賃が高くなればキャッシュバックもらうより仲介手数料が無料のところの方が楽だしいいと思います。僕はキャッシュバックはかなり面倒だったので次回は仲介手数料無料のところの方にしますw。

ただ、今までは仲介手数料が一月分でキャッシュバックのことも知らなかったのでそれと比べるとだいぶ安く引っ越すことができました。

 

・火災保険①②

火災保険が二つあるのはなんじゃこりゃって思いますよね。賃貸を契約するときには火災保険に普通は入るのですが、入ってさえいればどこでもいいよっていう大家さんがいます。今回そうでした。なので補償の内容は同じで値段の安い都民共済の火災保険に入りなおしたのでこんなことになっています。2年間で考えると

当初 18,500円

変更後1年目4,200円+2年目3,200円=7,200円

差額 18,500円-7,200円=11,300円

なぜか当初の火災保険①の解約返戻金が1月しか入っていないのに13,758円で、18,500円-13,758円=4,742円は損する形になりましたが、それを加味しても変更した方が安いのでやりました。

そもそも最初の契約時から火災保険を都民共済にできればもっと安くできたし手間もなかったのですが、仲介業者がマージンもらえるので高い保険をごり押ししてくるんですよね。自分で火災保険探しますっていうと「家族に保険屋でもいるのか?」「(はぁ?)いませんけど」「じゃあだめ」「・・・」

とか、管理会社の方で火災保険の指定があるとかいろいろ言い出してめんどくさかったのと、そんなことでダラダラしてるまに他の人に住みたい家を先に契約されたらもっと面倒になるのでその場は言われるがままに契約しました。

 

収入編

・キャッシュバック 50,000円(賃貸スモッカ)

今までの引っ越し時には意識していなかったのですが、知っているととてつもなく安くなります。

賃貸スモッカ経由で申し込みを行うと全員に50,000円がもらえます。詐欺ではないかと疑いたくなりますが、実際もらえたので詐欺ではないです。が、条件がかなり厳しいのでネットの情報だと実際もらえる人は少ないようです。50,000円もらうのは甘くないですね。厳しいって言っても申請が半年後だったり楽天銀行必須だったり30分ほどのアンケートと称して3時間以上かかったりぐらいなので大丈夫です。うん。

ただ、必要書類などをちゃんと送付しているのに確認資料が足りて無いよということで不備メールがきたんです。いやいやちゃんと送ってるしということで最初に送付した書類データと全く同じものを再送して大丈夫だったんですが、これの怖いところは、この不備連絡メールが届いてから1週間以内に返事をしないと50,000円はもらえなくなってしまうというルールです。ここでも何人かもらえなくなってるんでしょうね…全部提出できたと思って安心していると危険です。

・ポイントサイト  1,000円(ハピタス)

ポイントサイトは引越し業者の一括見積時に利用。結局そのサイトからは申し込みしなかったですが1,000ポイントはもらえました。

 

全体としては何も考えずに引っ越しをするよりも10万円近くお得に引越しを行うことができました。2018年夏の記録。